トップ 水漏れ・水道工事ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

水漏れ・水道工事ナビ水道工事の豆知識 > 水道工事の用語集2

水道工事の用語集2

水道工事の用語集2の画像

・撤去工事…使用されなくなった給水用の装置を撤去する事です。

あまり知られていない事ですが、使用されなくなった給水装置をそのままにしておくと、水質汚染を引き起こしたり漏水の原因になったりする事があります。

 それを避けるために、使用されなくなった給水装置は撤去するという義務があるのです。

・配水管…水源から水が必要な場所に水を送るためのパイプです。

配水管の水圧は全国同じになる様に設定されており、何かの理由で断水をする時もその影響が拡大しない・被害を最小限に食い止めるための工夫が凝らされています。

 私たちが生活する上で必要不可欠なものです。

・ 配水量…浄水場などから水が必要な場所に送られる水の量を「配水量」と言います。

 また「年間総配水量」は、全体の配水量を日数で割ったものになります。

・ 配水池…水道水を貯めておく大きな池の事を「排水池」と言います。

配水の量は時間によって変わるため、それに対応するために用意されているものですが、災害や事故などで水を供給することができなくなった時にも使用されます。

・ 不着郵便…送った納入通知書が「居るはずの住人がいない」「住所が変わってしまって使用者が何処に行ったか解らない」などの理由で戻されたものです。

この様に通知書が戻ってきてしまった場合、再び住所を調べなおして新しい通知書を送らなくてはなりません。

・ 不正導水装置…「メーターを通さずに導水装置を付ける」という、不正な方法で設置された導水装置の事を言います。

新たに設置されたものだけでなく、故意に改造されたものが使用されている事もあります。

この様な不正導水装置が見つかった場合、認定された水量から出した全金額を徴収する事になります。

・ 電子式漏水発見器…地面に置いた検出器で聞いた漏水音を、電気を使って増幅させヘッドホンで聞くというものです。

針の振れにより、「漏水が起きているか」「起きている場合、位置はどの辺か」を知ることができます。

水漏れ・水道工事ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 悪臭の調査

水道工事の会社の仕事には、「悪臭の調査」も含まれています。 ここで「悪臭」と言ってもピンとこないかもしれませんので、具体的な例を挙げて説明してみたいと思います。 毎日水場を使っていると匂いに敏感になるものですが、「下水が匂う」「排水溝が臭い」「トイレから酷い匂いがする」などのトラブルを経験した事はありませんか? 悪臭のトラブルは生活に影響し、その匂いを嗅ぐだけで気持ちが悪くなったり、掃除するのも嫌になってしまったりします。 だからこそ、悪臭は早いうちに取り払ってあげなければ

水漏れ・水道工事ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。